"LOOPWHEELER" FOR Graphpaper SWEAT PARKA
"LOOPWHEELER" FOR Graphpaper SWEAT PARKA "LOOPWHEELER" FOR Graphpaper SWEAT PARKA "LOOPWHEELER" FOR Graphpaper SWEAT PARKA

"LOOPWHEELER" FOR Graphpaper SWEAT PARKA

¥28,080 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

ラグランスリーブに拘りを持つ南氏がLOOPWHEELERに製作を依頼して完成させた一枚は、Graphpaperオリジナルの特別サイズで仕上げたエクスクルーシブ。 空気を含ませながら低速で編み上げるスウェット本来の姿を追い求め、柔らかく心地良い着心地を実現したLOOPWHEELERの物作りにGraphpaperの美学が加わり、ユニセックスで袖を通すことができるオールラウンドな一枚に。 アームホールや身幅にゆとりをもたせ、吊り編みのもつ柔らかなドレープ感を活かしたリラックス感のある着心地に。 また、カンガルーポケットを排しサイドにポケットを備えることでスッキリとした見た目と実用性を獲得。 更に前後に着丈に差寸をつける事で、独特なラウンドシルエット描きシンプルながら力強い存在感を放ちます。 「SWEAT PARKA」 COLOR:BLACK SIZE:F 着丈69cm 身幅64cm 裄丈89cm PRICE:¥26,000 (tax in ¥28,080) LOOPWHEELER 「世界一、正統なスウェットシャツ」を。そんな思いから1999年にLOOPWHEELERはスタートしました。 熟練した技術を持つ職人の手によって生み出される「着心地のよい」吊り編みものだけを世界に発信しています。 それはなぜ可能になるのか。 吊り編み機と縫製の経験値豊かな職人達。 そして全ての工程に携わる人との絆から生まれる、確かな技術力と生産工場が背景にあるからです。 「吊り編み機」は1960年半ばまではスウェットシャツの生地を生産するにはごく一般的な編み機でした。その出来あがった生地の最大の特徴は「やわらかさ」、この言葉に集約されます。しかし、大量生産・大量消費の時代が訪れ、効率重視の生産体制が築かれる中、この吊り編み機は徐々にその姿を消してゆきます。 現在吊り編み機は、日本の和歌山に約400台が存在し、そのうちの約200台が稼動しています。 熟練工の技術を必要としながらの生産過程は、確かに非効率の極みかも知れません。ですが、ここには真っ当なものつくりの姿勢があります。一つの服を着心地よく、長年にわたってその風合いを失うことなく、次の世代へ味わいを残し続けることができるということ。 そしてその為に、生産現場の背景を未来に存続させてゆくということ。 私達、LOOPWHEELERが「世界一、正統なスウェットシャツ」を目指し、歩む理由がここにあります。 店頭での販売状況により、商品がご用意出来ない場合がございます。予めご了承下さい。